1: レス乞食(福島県):2010/10/10(日) 03:20:28.59 ID:hpsVME+X0

サルトル:没後30年、『嘔吐』を新訳 鈴木道彦・獨協大名誉教授に聞く

20世紀を代表する実存主義哲学者で、小説や戯曲も手掛け、政治的発言も行う「行動する知識人」
だったフランスのサルトル。没後30年の今年は、小説『嘔吐(おうと)』の新訳(人文書院刊、1995円)
と『自由への道』の新訳(岩波文庫、全6巻、訳は海老坂武さんと澤田直さん)が刊行された。
サルトルと親交があり、『嘔吐』の新訳を手掛けた鈴木道彦・獨協大名誉教授に
「今、サルトルを読む意味」などについて聞いた。【鈴木英生】

◇「独自的普遍」の構図こそアンガージュマン
『嘔吐』は1938年にフランスで刊行され、47年に邦訳が単行本化された。今回は63年ぶりの新訳出版だ。
鈴木さんは「21世紀の今でも、非常に現代的な小説として読める。だから新訳を出す意味があると思った」と
強調する。

主人公のロカンタンは金利生活者で人生に目標がなく、完全に孤立した一人暮らし。俗物的で小市民的な
「群れる人間」を嫌う。自分のように孤独な「単独者」を仲間だと思うが、彼らも多数派の「群れる人間」の
価値観に引き寄せられてしまう。

金銭的な問題を無視すれば、ロカンタンの孤独はネットカフェ難民らの孤立と重ねて読むこともできるだろう。
「単独者」が「群れる人間」の価値観になびいてしまう構図は、若年貧困層がネット上の右翼的な言説に
賛同する様子を連想させる。

ロカンタンが批判する「群れる人間」には「ヒューマニスト」も含まれる。ここでの「ヒューマニスト」は、
人権や平和といった概念を信奉するだけで思考停止している人を指す。

「これに対し、サルトルは孤独な人間の根源からヒューマニズムを考えた。だから戦後、
『実存主義はヒューマニズムである』とも言った。『嘔吐』のヒューマニズム批判と比べて、
サルトルが転向したとみる論者もいるが、彼の思考軸は基本的に変わっていない」

続き
http://mainichi.jp/enta/art/news/20101006dde018040035000c.html


4: 殺し屋(京都府):2010/10/10(日) 03:22:22.41 ID:O9Hjbwf90

我思う故に我あり


18: 随筆家(広西チワン族自治区):2010/10/10(日) 03:25:19.91 ID:SCtenBq9O

>>4
それってその後があまりよろしくないんじゃなかったか?


36: 芸人(内モンゴル自治区):2010/10/10(日) 03:28:17.59 ID:N5/2YolFO

それでは不可知論になってしまう

このセリフが萩尾モトだったかパタリロだったか思い出せん


180: カッペ(チベット自治区):2010/10/10(日) 04:10:09.89 ID:tQF6OkYf0

>>36
百億の昼と千億の夜だろ


59: 運営大好き(愛知県):2010/10/10(日) 03:32:15.82 ID:b8XDm2ZR0

マトリックスの影響受けすぎだろ


65: コンサルタント(神奈川県):2010/10/10(日) 03:33:53.52 ID:jrvXDX0H0

>>59
マトリックスのサイファーには共感しちゃうよね


62: メイド(京都府):2010/10/10(日) 03:32:57.37 ID:U7JuI6pZ0

こういうの哲学っていうの?


64: 理容師(チベット自治区):2010/10/10(日) 03:33:39.23 ID:CHXw9giW0

>>62
厨二病っていうんだよ

まあ哲学=厨二だけどなw


107: 消防官(福岡県):2010/10/10(日) 03:43:36.46 ID:cfNrIRbW0

>>62
実存主義。
何かにつけて「今ここに現実に存在する私」を意識ししろよとする思想。

もっと砕けると、これは古来から庶民生活で繰り返されてきた
「あんたはしったような口叩いている暇があったら、
とっととこの子のミルク代くらい稼いできて頂戴、この等辺僕の甲斐性なし」
「わーったよウルセーな、あーもう赤ん坊を泣かせるなって、オレが悪かったよ悪かった」

というような意味。


126: 中学生(広西チワン族自治区):2010/10/10(日) 03:48:10.89 ID:Vv9gJhnrO

>>107
ちげーよ

せめて嘔吐くらい読め


144: 消防官(福岡県):2010/10/10(日) 03:53:54.04 ID:cfNrIRbW0

>>126
違わない。
実存を常に突きつけられる、もしくは実存に拘束されるのがサルトル。
この辺はは吉本隆明の自立と他立の概念に近い
日常にありふれたもの。


150: あるひちゃん(関西地方):2010/10/10(日) 03:57:04.85 ID:ZChxehST0

>>144
詳しいみたいだから聞きたいんだが、
ニーチェの思想って結局はマチウ書試論と変わらないって考えでいいの?


158: 消防官(福岡県):2010/10/10(日) 04:00:32.22 ID:cfNrIRbW0

>>150
間違い。
その間違いを引き起こすのが吉本の自立の概念だけを誤読したもの。
例としては宗教家として生長の家の初代教祖がいる。

ニーチェの「超人の概念」も「踊る神」と対になっているもので
超人だけを抜き出しても意味がない。


193: あるひちゃん(関西地方):2010/10/10(日) 04:14:37.10 ID:ZChxehST0

>>158
不勉強で申し訳ないんだが、
生長の家ってのは体制翼賛として成立したから
誤読した関係の絶対性からは逸れてるってこと?

ニーチェのほうは正直道徳の系譜しか読んでないからよく分からないんだ
正直キリスト教道徳からの抑圧を覚えて、それに対立するために
ギリシャにまで遡ったっていうふうにとらえてるんだが


200: 消防官(福岡県):2010/10/10(日) 04:17:30.48 ID:cfNrIRbW0

>>193
前者は悪質なバカとしかいいようがない。

後段は系譜からいくなら形而上云々のこと?
そのへんはぐぐってわかる程度の知識で十分だと思うので
ググレ。


229: あるひちゃん(関西地方):2010/10/10(日) 04:25:32.81 ID:ZChxehST0

>>200
悪質なバカとか言われても理解できないんだ
関係の絶対性ってユダヤーキリストの対立構造を
全人類的(というか旧左翼に対する根本的な批判)として提出したものなわけでしょ?

生長の家にしても転向論の転向者の問題の範疇でしかないと思えるんだけどどうなの?


253: 消防官(福岡県):2010/10/10(日) 04:41:01.54 ID:cfNrIRbW0

>>229
生長の家が吉本の自立の概念を悪用したと書いたことに突っかかってるの?
それともあの宗教団体の内部事情に関してオレに聞いているの?


263: 俳人(広西チワン族自治区):2010/10/10(日) 04:48:12.73 ID:bhHjQrsvO

>>253
ああ、生長の家が吉本の思想を利用したことがあったのか
完全に誤読してたわすまん

俺はマチウ書~の理解があってるか聞きたかっただけなんだ


280: 消防官(福岡県):2010/10/10(日) 04:58:28.54 ID:cfNrIRbW0

>>263
この前、吉本がNHKに出てたのみた?
糸井がセッティングした講演会のヤツ。

マチウとかはさ、重要なのは自己表出と指示表出のトコなワケ。
番組ではそこの部分を丁寧に吉本自身が解説していて、
おもしろかった。

この概念がつかいやすい場は評論の分野でなの。
特に文芸評論の分野。

だからニーチェがどうのといわれても
ニーチェはありゃもう提出しているイメージがすげぇっていう哲学者というよりも
ファンタジー作家みたいなものwなんで、吉本からすれば評論対象。

そういうことで答えになった?


303: ニート(内モンゴル自治区):2010/10/10(日) 05:11:29.77 ID:bhHjQrsvO

>>280
じつはまだ言美読んでないんで読んでみることにするよ

ぐぐってみてだいたいわかってきた


297: 消防官(福岡県):2010/10/10(日) 05:07:11.40 ID:cfNrIRbW0

>>263
検索してたらいいのがあった。

多分、君が求めているのはこういうことじゃないの?
この間のNHKをみた人のブログ
http://iza1670.iza.ne.jp/blog/entry/864682/

これでいいと思う。

ニーチェ云々は先に書いたとおり。


75: アニメーター(九州):2010/10/10(日) 03:36:12.83 ID:1lnN94tPO

今まさにビューティフルドリーマー見てる最中だったわw


78: 理容師(チベット自治区):2010/10/10(日) 03:37:11.68 ID:CHXw9giW0

>>75
あのカス映画か


76: 通訳(三重県):2010/10/10(日) 03:36:55.42 ID:/KqBQSP70

だって意識はっきりしてるもん


83: サウンドクリエーター(長屋):2010/10/10(日) 03:38:11.06 ID:zjdp/CW0P

>>76
それは感覚的なもので証明にはならないよな


98: 社会保険労務士(鹿児島県):2010/10/10(日) 03:41:04.37 ID:9TDiMqya0

人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり
一度生を享け、滅せぬもののあるべきか
これを菩提の種と思ひ定めざらんは、口惜しかりき次第ぞ


392: ちんシュ大好き(千葉県):2010/10/10(日) 12:07:08.18 ID:6qTE73Q70

>>98
織田信長も色々悩んでたのかな


106: 農家(チベット自治区):2010/10/10(日) 03:43:24.18 ID:KT52rYMS0

ベッドの上で最愛の人に見つめられながら
俺が「これは夢ね…」って言って「ああ…悪い夢さ」
と言われながら眠るように死にたい


119: 講談師(内モンゴル自治区):2010/10/10(日) 03:46:15.79 ID:X81CZQT6O

>>106
なんか違和感を感じるんだけど何が変なのか分からない


127: 編集者(中国・四国):2010/10/10(日) 03:48:18.92 ID:ozfpohuwO

>>119
オカマとオナベの会話で死ぬ主人公


125: 編集者(東京都):2010/10/10(日) 03:47:43.93 ID:Vrp4s2HA0

>>106
性別どうなってるんだよ


124: 漫画家(茨城県):2010/10/10(日) 03:47:40.63 ID:Q7+9q35h0

人間って部品が揃ってても魂が入ってなかったら動かないんだよね。
見えない部品?
存在ってなんだ・・・?


131: VSS(千葉県):2010/10/10(日) 03:50:37.96 ID:bCMIaXyw0

>>124
電気信号らしいよ
脳と神経、心臓に流れているらしい
でも死んだばかりの体に電流を流しても生き返ったりはしないんだよね
魂の存在は脳の中にある自己防衛本能で全て説明がつくけど、人間が動く
仕組みがどうにもなぁ
こういうのってどこで勉強できるんだ?


133: 消防官(福岡県):2010/10/10(日) 03:51:05.92 ID:cfNrIRbW0

>>124
西洋ではずっと、私=神だった。
今でもIとは神を比喩した意味合いがある。
それを哲学の世界で否定したのがニーチェ。

だからそれ以降の思想哲学は魂とかそういうのは関係ない。
それは宗教家が勝手にゃっておくんなましな分野となった。


136: VSS(千葉県):2010/10/10(日) 03:52:24.79 ID:bCMIaXyw0

>>133
神=自分の道徳心=親から教えられたきまりごと
って考えはもう古いの?
高卒だからニーチェとか読めないんだ、解説してくれ


147: 消防官(福岡県):2010/10/10(日) 03:55:53.00 ID:cfNrIRbW0

>>136
そういうのは原始的宗教、もしくは儒教思想に近いもので、
思想でも哲学でもない。
「教え」のようなもの。


152: VSS(千葉県):2010/10/10(日) 03:58:13.93 ID:bCMIaXyw0

>>147
そっかー
今からでも本買って哲学勉強しないと駄目だな


168: 消防官(福岡県):2010/10/10(日) 04:06:53.12 ID:cfNrIRbW0

>>152
勉強しなくていい。
宗教に染まっていない自分の言葉をもっている人間なんて
そこらじゅうにいる。そういう人間がポツリと漏らす言葉や
他人を叱る言葉には思想哲学の言葉よりも重みがあるのは間違いない。

思想哲学とはそういう言葉などを端的に表現しただけのもの。
思想哲学を学んで捻くれるよりも実社会で社会経験を積むほうが
よほどいい勉強になるとはそういうこと。


174: VSS(千葉県):2010/10/10(日) 04:08:52.65 ID:bCMIaXyw0

>>168
それは言えてるなー
経験から発せられる言葉には物凄い重みがある

過去の人間がどんな悩み方してきたのか知りたかったんだ
宗教染みてしまう様なら読まない方がよさそうだ


129: 編集者(中国・四国):2010/10/10(日) 03:50:17.30 ID:ozfpohuwO

もし地球が爆発したらって考えた方が怖くないか?


134: 漫画家(茨城県):2010/10/10(日) 03:51:22.52 ID:Q7+9q35h0

>>129
赤信号、皆で渡れば怖くない


137: 編集者(中国・四国):2010/10/10(日) 03:52:34.22 ID:ozfpohuwO

仮に魂があっても
太陽や地球が消えたらゴミみたいなものだろ魂なんて


142: ネット乞食(広島県):2010/10/10(日) 03:53:49.70 ID:ow6NO+U60

>>137
魂なんて言語で作られたものだからどこにもない。


154: イタコ(長屋):2010/10/10(日) 03:59:25.92 ID:2LPuH3Kw0

マジで我思う、ゆえに我ありでいいじゃん
例えこの世界が偽物であってもさ
自己の存在に他者や周囲の環境は関係ない


157: ホスト(関東):2010/10/10(日) 04:00:03.82 ID:QjX8+cAtO

>>154
そんなはなしじゃないと思う


159: 客室乗務員(関東・甲信越):2010/10/10(日) 04:00:44.01 ID:PFA011uhO

証明なんて出来ないよ。
悪魔の証明もいいところ。
結局哲学も宗教も言葉遊びの延長にしか過ぎないワケだ。
それも自己の逃げ道を作るための『上手な言い訳』を見つけるための。


187: 添乗員(USA):2010/10/10(日) 04:13:28.43 ID:4kUcwX2u0

>>159

悪魔の証明ってなんですか?
悪魔を出せばよいのであれば
簡単なことですよ
神とか悪魔とか気軽に使う言葉ではないと思いますが


199: モデル(広島県):2010/10/10(日) 04:17:12.92 ID:yCPp3LAd0

>>187
悪魔が居るとも証明できなけれぼ、居ないとも証明できないこと。
もし居ない場合は、まだ誰も見たことがないと言われてしまう。
この場合、悪魔が居るかも知れないということになり、居ないという証明が破綻してしてします。
居るといった場合もこの逆となる。


211: 客室乗務員(関東・甲信越):2010/10/10(日) 04:20:37.13 ID:PFA011uhO

>>187
そこからツッコミだしたらきりがない


164: 漫画家(茨城県):2010/10/10(日) 04:03:22.49 ID:Q7+9q35h0

よくヤフ知恵に
「生きる意味って何ですか」「何のために生きるですか」
っていう質問があるけど、わかるわけねえだろ


169: VSS(千葉県):2010/10/10(日) 04:07:08.97 ID:bCMIaXyw0

>>164
一瞬でも誰かの役に立つ為だよ
人間に限らず生物は全て同じ使命を持って生まれる
そしていつ死んでもいい


183: 中学生(広西チワン族自治区):2010/10/10(日) 04:12:14.47 ID:Vv9gJhnrO

>>169
それは欺瞞だ

意味は無い


190: VSS(千葉県):2010/10/10(日) 04:13:56.69 ID:bCMIaXyw0

>>183
自発的にじゃないよ
生まれた事で何故か他の個体が生存する役に立つ
お互いにそう
命にはそれだけの意味しかない


216: 中学生(広西チワン族自治区):2010/10/10(日) 04:21:54.87 ID:Vv9gJhnrO

>>190
互恵的利他主義を言ってるのかな?
どちらにせよそれは意味ではない


172: 版画家(東京都):2010/10/10(日) 04:07:31.84 ID:O0H7XBmM0

犬を猫と呼び猫を犬と呼んだところで犬の姿形性質が変わらないように
この現実世界を夢と呼んだところで俺の生活は何も変わらない
言葉遊びでしかない


178: 消防官(福岡県):2010/10/10(日) 04:09:58.13 ID:cfNrIRbW0

>>172
それは単に君が自身の表出を自身で意図的に錯誤しているだけなので
なんの意味もない。


182: SR-25(大阪府):2010/10/10(日) 04:10:28.82 ID:uBmOiwPI0

お前の為に世界は存在する。お前が今見ていない世界は存在しない。壁の向こうは虚空だ。眠っている間、世界は存在しない。


185: 消防官(福岡県):2010/10/10(日) 04:12:41.18 ID:cfNrIRbW0

>>182
それだと離人症性障害です。
もはや心理学の分野。


188: サウンドクリエーター(神奈川県):2010/10/10(日) 04:13:36.81 ID:GVYXFwXAP

私もあなたも、この書き込みを読んでるお前も寝ている赤の他人も、全てが私なんですよ?


194: 消防官(福岡県):2010/10/10(日) 04:15:00.77 ID:cfNrIRbW0

>>188
そうだ君も私も2ちゃんねる書き込みスクリプトだ。


192: 救急救命士(チベット自治区):2010/10/10(日) 04:14:20.64 ID:0FTWoJPU0

夢では自分の知らないことはわからない
女の人のパンツおろしてみてモザイクだったら夢だよ


198: VSS(千葉県):2010/10/10(日) 04:16:45.45 ID:bCMIaXyw0

>>192
毛だらけでクリも包皮の中にくるまってて尿くさかった


201: 三角関係(和歌山県):2010/10/10(日) 04:17:46.69 ID:J6YAf8Go0

>>192
ν速民ならバーガーさんの見えちゃうよ


217: 消防官(福岡県):2010/10/10(日) 04:22:19.77 ID:cfNrIRbW0

>>201
ケツ毛とチン毛の巻き具合はマンデルブロ集合に似た
フラクタルな関係性にあり、
それを挟むバーガーはいつまでも慙愧に耐えないであろう。


204: セラピスト(チベット自治区):2010/10/10(日) 04:18:35.24 ID:afhe3pyk0

俺はさ、基本的に夢を覚えていないから、記憶が存在しないという面で
現実と夢を区別できるんだけど、夢を覚えている人って
どうやって夢と現実を区別してるの?


212: VSS(千葉県):2010/10/10(日) 04:20:54.95 ID:bCMIaXyw0

>>204
目を開けてガッカリしたら現実、そうでなければ夢


225: セラピスト(チベット自治区):2010/10/10(日) 04:24:13.66 ID:afhe3pyk0

>>212
いやいや記憶の中でだよ
例えば昔野原を歩いているという夢を見たとする
それを記憶しておいて、後で思い出したときどうやってそれが夢だと分かるのか

俺は夢を覚えていたことが一度もないんでわからんのだ


231: 救急救命士(チベット自治区):2010/10/10(日) 04:26:51.70 ID:0FTWoJPU0

>>225
記憶のなかで夢と現実の区別をつける必要はないよ
記憶と夢はおなじものだから


234: VSS(千葉県):2010/10/10(日) 04:29:02.46 ID:bCMIaXyw0

>>225
夢を覚えていられたら分かるよ
明晰夢でもない限り、気温や空気の匂いなんかで現実と区別がつく
視神経を通って脳に投影(認識)される映像と記憶から直接投影される映像には明らかな違いがある
自分が覚えきれない数列を地面に書き込んでその場から離れて、10数えて戻ってみるといい

明晰夢はこれをやっても地面に刻んだ数列が残ってるから厄介


205: サウンドクリエーター(神奈川県):2010/10/10(日) 04:18:53.12 ID:GVYXFwXAP

まあ。実はガラス容器の中でプカプカと浮かんでいる脳味噌が見ている夢なんですけどね


242: 理容師(チベット自治区):2010/10/10(日) 04:35:46.56 ID:CHXw9giW0

>>205
ところが、それだと脳はちっとも発達しないからダメなんだなw
手足を動かしたり誰かとコミュニケートすることで脳が発達して
意識も持てるようになる


215: 救急救命士(チベット自治区):2010/10/10(日) 04:21:44.49 ID:0FTWoJPU0

夢は記憶の残滓
なにもあたらしいことが起きなければそれは夢
なにか新しいことがひとつでもおきればそれは現実


219: ホスト(関東):2010/10/10(日) 04:22:50.99 ID:QjX8+cAtO

>>215
ザンショウ?分からないけど、
夢のなかで未知のことが起きるんだぜ俺


233: ドライバー(富山県):2010/10/10(日) 04:27:58.57 ID:4jv8D6Yz0

>>219
夢は記憶で構築されてるらしいぜ
お前が未知と感じたものは、お前は知っているけど忘れている記憶ということだな


226: 新聞配達(関西地方):2010/10/10(日) 04:24:51.29 ID:rCVCWfAK0

日本人は早く覚めてろってみんな思ってるよ
欧米人は謳歌してるから思ってない


249: 消防官(福岡県):2010/10/10(日) 04:39:10.26 ID:cfNrIRbW0

>>226
はぁ?
日本はさー、戦後に天皇制でもって天皇を人間にし政府が文化として管理化においた
段階で、もう西洋みたいないつまーでも宗教に振り回されているような国々と違って
庶民感覚優位の国である為、西洋のような思想哲学は必要ないんですよ。

時々バカが日本はダメだとか君みたいに目覚めろなんていっているのは
その殆どが元をたどれば戦後保守の亡霊、敗戦のトラウマ取り付かれた
もしくはそのトラウマを利用した者たちに利用された残りカスを踏んでいるだけ。

ここ数年ではその代表例として安倍政権というのがあった。
仕切りにいってた「美しい国」とはありや上の方のレスで上げた生長の家の教祖さんの
本の言葉。その上、創価学会と連立組んでたわけで、もうねw

ちなみにいわゆる2ちゃんねるでネトウヨと表現されている現象は
そういう現象を起こしている人たちに影響を与えてきた歴史教科書をつくる会や
チャンネル桜にどんな人たちが関わってきたかを見ると影響の源泉がすぐわかる。
あー、この周辺の人たちが「保守だの日本だのいっている人たちだったんだ」って。
そういうちょっとかわった人たちだけの変わった考えにいつのまにか染まっていただけだってね。


230: モデル(広島県):2010/10/10(日) 04:26:45.54 ID:yCPp3LAd0

この世界も誰かが作ったドラマとか小説の世界なんだ。
俺がつまらない人生なのも主人公じゃないからなんだ。
早く、俺を主人公にしてスピンオフ作品を作ってれ!!

たのむ、神(作者)よ!!


237: VSS(千葉県):2010/10/10(日) 04:30:59.89 ID:bCMIaXyw0

>>230
笑顔を絶やさず疲労せよ
苦悩に打ちひしがれながら毎日を乗り越えてゆけ
人に優しくしろ
ヒーローってそういうもんだったろ?


239: モデル(広島県):2010/10/10(日) 04:33:00.79 ID:yCPp3LAd0

>>237
別にヒーローになりたくないです……はい。


241: VSS(千葉県):2010/10/10(日) 04:35:17.77 ID:bCMIaXyw0

>>239
俺もなりたくない
苦悩ばかりでいいことない
人間が手のバケモノに見えてくる


245: モデル(広島県):2010/10/10(日) 04:37:08.28 ID:yCPp3LAd0

>>241
エロゲーの主人公になってチュチュしていたいよな。
ただし、エロゲーのヒロインのような純粋な子じゃないと嫌だけどな


235: 心理療法士(チベット自治区):2010/10/10(日) 04:29:43.99 ID:CUwwSC+RP

そもそも夢と現実の違いをつけることに意味あんの


238: VSS(千葉県):2010/10/10(日) 04:32:31.25 ID:bCMIaXyw0

>>235
ある
夢は一時記憶も含めた記憶から作り出される映像及び音響
現実は五感から作り出される映像及び音響+神経刺激
まず役割が全く違う


248: 郵便配達員(新潟・東北):2010/10/10(日) 04:38:56.62 ID:weJT0KPKO

ν速民は時代おくれの実存主義者ばかり


255: モデル(広島県):2010/10/10(日) 04:42:25.97 ID:yCPp3LAd0

>>248
みんな現実社会では弱者だからしかたないよ(´・ω・`)
現実の街中、あるいは会社や学校で叫んだところで誰も俺の話など聞いてくれないもの……。
そう……誰もな……。


261: モデル(広島県):2010/10/10(日) 04:45:40.77 ID:yCPp3LAd0

まあ、日本の社会じゃ夢の中でも夢が見れないけどな。


265: 消防官(福岡県):2010/10/10(日) 04:48:44.04 ID:cfNrIRbW0

>>261
夢をみていない自分も夢の中の自分も
つまるところどっちも自分なんだから
夢だろうがなんだろうが自分でどうにかすりゃいいじゃんってことだよ。


262: ドライバー(富山県):2010/10/10(日) 04:47:54.17 ID:4jv8D6Yz0

明晰夢って本当にありえるのかよ


266: モデル(広島県):2010/10/10(日) 04:48:51.23 ID:yCPp3LAd0

>>262
催眠オナニーで体感しろ!!



俺は挫折したけどな(´・ω・`)


285: サウンドクリエーター(福岡県):2010/10/10(日) 05:00:34.06 ID:wXi1MHuSP

>>262
自分の意思で自由に動けたぞ
夢の中で「夢すげー!」と思った。


294: ドライバー(富山県):2010/10/10(日) 05:05:32.32 ID:4jv8D6Yz0

>>285
どういう状態の時に見た?悩みやストレスなんかが無かったり、体調がよかったとか空腹だったとか


305: 路面標示施工技能士(内モンゴル自治区):2010/10/10(日) 05:11:58.93 ID:LqEHcPpkO

>>294 昔はよく意識だけ飛ばして部屋の中ウロウロできた
最初は疲れてたり酔ってる時によくなったけど、慣れたらいつでもできるようになった


309: 獣医師(チベット自治区):2010/10/10(日) 05:14:19.57 ID:MWcPlIYj0

>>305
それ友達も出来るって言う
とりあえず夢だと気づいたら飛ぶんだって
気持ちいいよーって羨ましすぎる


325: ロリコン(福島県):2010/10/10(日) 05:27:03.59 ID:OmKhjkXK0

>>294
慣れれば普通に見られるようになるよ

眠くなって目つぶると真っ暗だろ?(そのままストンと眠りに入ったらお終い、次の日にまた再チャレンジ)
それをちょっと我慢して目開ける
すると、眠気の方が強いんで瞼が自然と降りて来て、スーッと意識が落ちてくる

目を閉じると真っ暗、瞼で視界がさえぎられるから当たり前なんだけど
その状態だと、目は何も見て無いんんじゃなくて瞼の裏を見てるって事になるって事は解るよな?

目~視神経~脳のラインで見てる訳だから閉塞感がある
ま、目を閉じてるから当たり前なんだけど

そこから睡眠状態に入って行くと、ある時期というか地点から目の閉塞感が無くなって
瞼を透かして外の風景(部屋の中)を感じに陷る(目~視神経のラインがオフになって脳だけが活動してる状態になった思える)


ここまでが睡眠に入りながら、それを認識してるって段階なんだけど(第一段階)

これを繰り返しやって、慣れて来ると自分が寝ているって事を認識しやすくなる
このまま夢見てる状態に移行すれば、しめたモンなんだけど、必ずって良いほど1回場面転換というか暗転が起こる
多分、認識したままその場面転換を超える事は出来ないと思う

1回リセットされて夢見てる状態に移行した時に、再度「あ、俺寝てて夢見てる」って認識が起こせるかがポイントだと思う
上のような事を繰り返してやってると認識しやすいって事なんだけど、確実ではないけど、認識出来る頻度はかなり上がるよ


329: フードコーディネーター(東京都):2010/10/10(日) 05:34:30.66 ID:W2JAbco70

>>325
面白そうだな


271: セラピスト(チベット自治区):2010/10/10(日) 04:54:13.52 ID:afhe3pyk0

全能にはなれないが全知にはなれる
そのためにはただν速民たれば良い


272: 臨床検査技師(埼玉県):2010/10/10(日) 04:55:43.90 ID:1YfnzxhB0

>>271
ν速民は全知じゃなくてただ知ったかぶってるだけだろ
その上誰よりも無知なことに気づいていない


281: セラピスト(チベット自治区):2010/10/10(日) 04:58:38.24 ID:afhe3pyk0

>>272
知らないことを知らないという意味でなにも知らないものはないんだ、我々は


292: 臨床検査技師(埼玉県):2010/10/10(日) 05:03:52.33 ID:1YfnzxhB0

>>281
それは全知ではない、思い違いさ。ただのバカのやることだ


274: 思想家(神奈川県):2010/10/10(日) 04:55:58.29 ID:dkVlGQlJ0

宇宙(世界)はあるけど、自我はない


276: 臨床検査技師(埼玉県):2010/10/10(日) 04:56:21.51 ID:1YfnzxhB0

>>274
自我は錯覚だ


278: 思想家(神奈川県):2010/10/10(日) 04:57:09.67 ID:dkVlGQlJ0

>>276
その通りだよ
自我は社会が生み出した錯覚


282: ロリコン(福島県):2010/10/10(日) 04:59:11.88 ID:OmKhjkXK0

白い夜があった・・・
夜が消えた・・・
昼も消えた・・・
時が流れた・・・
流れすぎた・・・
永劫の時が・・・

『もういいかい?』
『もういいよ』
『手落ちはないな』
『ないと思う、起こそう・・・』
『じゃ起こそう』


284: 思想家(神奈川県):2010/10/10(日) 04:59:52.83 ID:dkVlGQlJ0

>>282
どことなく なんとなく


301: 臨床検査技師(埼玉県):2010/10/10(日) 05:10:52.19 ID:1YfnzxhB0

俺は夢の中だと自覚しているのに、夢の中で全能者のようになんでもできない
「自分が出来ない」とおもいこんでしまっているが故なのかこれは


308: マッサージ師(新潟・東北):2010/10/10(日) 05:13:41.64 ID:BqUHbT4vO

>>301
完全にコントロールできたら、それは完全な覚醒状態だから
それ夢じゃなくイメージ


310: H&K MSG-90(三重県):2010/10/10(日) 05:14:47.14 ID:goLOVipb0

>>1
> 金銭的な問題を無視すれば、ロカンタンの孤独はネットカフェ難民らの孤立と重ねて読むこともできるだろう。
> 「単独者」が「群れる人間」の価値観になびいてしまう構図は、若年貧困層がネット上の右翼的な言説に
> 賛同する様子を連想させる。

ここが笑うとこか


317: トラベルライター(神奈川県):2010/10/10(日) 05:21:48.48 ID:gVJTd/WK0

>>310
団塊ってバカだなw


321: H&K MSG-90(三重県):2010/10/10(日) 05:23:29.68 ID:goLOVipb0

>>317
毎日が馬鹿なんだろw


323: トラベルライター(神奈川県):2010/10/10(日) 05:24:36.45 ID:gVJTd/WK0

>>321
団塊向けに書いてるんじゃないの?


334: H&K MSG-90(三重県):2010/10/10(日) 05:43:35.70 ID:goLOVipb0

>>323
老人はネットに慣れてないから
仕方が無い
昔はみんな騙されてたんだ

いまだにつまらん洗脳記事を書いてる
変態新聞がおかしいんだよ


335: パティシエ(京都府):2010/10/10(日) 05:46:50.00 ID:02SMvJ5W0

お前らが万の言葉を尽くして語らうことの数十倍濃い思索が先人によってすでに行われてるから、それ読めよ
なんで哲学の本読まないの


336: ソムリエ(東京都):2010/10/10(日) 05:50:05.69 ID:MmWw0IoF0

>>335
間違っていようが他人の言葉じゃなく、自分の言葉で答えるのがν速だ


344: 奇蹟のカーニバル(catv?):2010/10/10(日) 06:34:34.18 ID:kOCyO8uQ0

>>335
哲学は難しく言う事が俺のアイデンティティーだ!って感じになってるからダメなんだよ
そんなのただのオナニーじゃねーか
自己完結して自己満足してるだけだろあれは
万人に判りやすく啓蒙してこそ哲学って言えるんじゃねーのか
哲学ってのは理系みたいな一部研究者が理解できれば良いってもんじゃなくて
大衆に下りてこそのものなんじゃないのかって思うよ俺は


395: パティシエ(京都府):2010/10/10(日) 14:39:40.53 ID:02SMvJ5W0

>>344
思考が深くなり過ぎて難しくせざるを得ないんだよ
大衆のために…ってことなら内容を軽くせざるを得ないに決まってるやん。


340: アナウンサー(東京都):2010/10/10(日) 06:16:54.23 ID:9yn/3m/y0

我思う故に我在りって思考停止だよね
現世は夢で夜の夢こそ真実だって信じてる奴はいないのかよと


342: タルト(チベット自治区):2010/10/10(日) 06:24:38.61 ID:OwQYDwM00

>>340
お前はバカだなぁ
夢の中か現実かって定義と存在しているか否かの定義はまた別物でさらにそこから存在自体の定義もまた別物になってくる
前二者において区別できるのが「我思うゆえに我有り」でそこからさらに存在の定義でゴタゴタしたわけだが
お前本当にわかってるのかと


343: アナウンサー(東京都):2010/10/10(日) 06:29:01.62 ID:9yn/3m/y0

>>342
つまり「何故自分は居るんだろう」って思った時点で存在を証明できてるって事だよね?
疑問自体が本末転倒してね?

存在の如何を問うた時点で存在してるんだから、他の事象持ち出して証明する必要ないでしょ


341: バレエダンサー(catv?):2010/10/10(日) 06:24:23.20 ID:tOk9P3zB0

存在してないかもしれないものをどんどん捨てていくと、
そんなことを考えてる自分自身の存在は否定できないってことだろ>我思う故に我在り


343: アナウンサー(東京都):2010/10/10(日) 06:29:01.62 ID:9yn/3m/y0

>>341
つまり「何故自分は居るんだろう」って思った時点で存在を証明できてるって事だよね?
疑問自体が本末転倒してね?

存在の如何を問うた時点で存在してるんだから、他の事象持ち出して証明する必要ないでしょ


396: パティシエ(京都府):2010/10/10(日) 14:40:41.45 ID:02SMvJ5W0

なんで哲学だけそんな役割が求められるんだよ。深く探求したい奴だけが付いていければいいだろ。


397: ダイバー(チベット自治区):2010/10/10(日) 16:26:52.50 ID:DgXaZWKX0

>>396
認識論とか存在論とかが哲学の命題の一つだからだろ